10代自死の調査結果を受けて

33003637_480x360

新学期が始まる前後に急増する悲劇

先日の新聞紙面に、1972〜2013年の42年間のデータを元にした18歳以下の子どもたちの自死の数と、その時期について、内閣府発表による集計結果が掲載されていました。厚生労働省の「人口動態調査」では、自死によって亡くなった子どもたちの総数は18,048人。日付別分析では9/1が131人と突出して多く、次いで4/11(99人)、4/8(95人)、9/2(94人)、8/31(92人)とあり、いずれも新学期開始の前後に増加する傾向が見られるといいます。

根本的な問題はコミュニケーションの欠如

「先生の目が届きにくい休暇中は、保護者が意識して子どもの行動や身なりの変化、体調などに気をつけて見守ってほしい」と文部科学省。とはいえ、子どもが自ら命を絶つという理由の本質すべてが、休暇中に蓄積されるとは考えにくいでしょう。両親の共働き世帯が増え、ひとり親家庭が増え、誰もが必死に生きている。それも大切な家族を守るために。なのに、なぜこのような悲劇が繰り返されるのでしょうか? 根本的な問題はコミュニケーションの欠如であると私は思います。

信頼されない親たち、子どもを追いつめる大人たち

内閣府などのまとめでは、小中学生の自死の多くが「家庭からのしつけ、叱責」「親子関係の不和」といった家庭生活の中に原因があるとのこと。一方、高校生は「学業不信」「進路に関する悩み」が増え“うつ病”などの精神疾患を発症しているケースも多く見られるようです。人はいくつになってもその時々の悩みと苦悩があります。中でも10代は、他の年齢層に比べて、予兆を見せずに自死に至る傾向が強いと言われています。それは一番の心の拠りどころであるはずの家庭や、周囲の大人たちが、残念ながら自分にとって安心ではない、心を開ける相手ではない、むしろ自分を追いつめる存在に違いないという、子どもたちの社会全体に対する不信感を反映しているとも言えるでしょう。

正論より、まずは子どもたちに認められること

お盆が過ぎ残暑が続く中、地域によっては既に夏休み明けの登校が始まりました。子どもたちは私たち大人が思っている以上に、両親のこと、勉強のこと、友達のこと、将来のこと、たくさんのことを毎日毎日考えています。家族は愛すべきもの、学校は行くべき場所、友達との争いごとは避けるべきもの。この“〜すべき”という正論を一度棚上げにし、子どもたちの心の声に耳を傾けてください。楽しいこととそうでないこと、実は大人に気遣って我慢してきたことなど、想像以上にたくさんあるはずです。子どもたちにいつもと違う言動が見られたら、その時がチャンスです。「それはあなたのわがままだ」と決めつけず、正直に言葉にできたそのことを、まずは認めてあげてほしいのです。信頼できる大人だと、何があっても自分の味方だと、まずは私たち大人が、子どもたちに認められること。それができて初めて、私たち大人が彼らにとっての命綱になれると思います。

心のライフライン wish

心のライフラインwishHPもご覧ください。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL